【8月12日】日本酒作りがサンフランシスコに上陸?! 気になる酒事情を調査!

本日8月12日は”太平洋横断記念日”。1962年のこの日、堀江謙一が小型ヨット「マーメイド号」で太平洋単独横断に成功し、サンフランシスコに到着したことから制定された記念日なんです。というわけで今回は、サンフランシスコ到着にちなんで、アメリカの都市であるサンフランシスコの日本酒事情にフォーカス! アメリカで日本酒?!と思ってる、みなさん! 日本酒のポテンシャルを舐めちゃいけませんよ!

 

そもそもサンフランシスコの日本酒事情って?

アメリカの西海岸に位置する都市、サンフランシスコでの日本酒事情ってどうなっていると思いますか? 実はこの都市には日本の大手日本酒メーカーの工場が多く存在し、ポピュラーなお酒として販売もされているんです。

例をあげると、宝酒造はサンフランシスコ市内から車で20分ほどの場所にあり、現在アメリカには5つほど清酒工場がありますが、宝酒造の生産量がトップなんです!

また、サンフランシスコには日本酒専門店「トゥルー・サケ」というお店があり吟醸酒やスパークリング清酒などが綺麗に冷蔵ショーウィンドで管理され、見事な清酒銘柄の取り揃えが魅力的なお店なんですよ!

サンフランシスコと日本酒の関係は意外と濃いものとなっています。

 

「メイド・イン・サンフランシスコ」の日本酒作り! セコイヤ・サケ(Sequoia Sake)とは?

(出典:セコイヤ・サケHP

日本人とアメリカ人の夫婦であるMyrick&亀井夫妻が造る「セコイヤ・サケ」。サンフランシスコという土地で日本酒作りを始めたのが、2012年のこと。自宅のガレージで生酒作りを始め、何度も失敗を重ねるうちに、今の味にたどり着いたよう。

きっかけは、もともと生酒好きだったこととアメリカの日本酒の専門店に行くと、いくつかは生酒を置いているが、実際に飲んでみると「生酒」らしさがなかったことのようで、じゃあ、自分たちで作ってみようと日本酒作りにチャレンジしたんです!

(出典:instagram by sequoia_sake

ワインや地ビール、オーガニック食品など、現在の米国の食生活ブームがサンフランシスコから始まったと言われ、サンフランシスコに住む人たちは食べ物に品質の高さを求めている中での挑戦はかなりかっこいいですよね。

サンフランシスコで生まれた、日本酒。ぜひ一度飲んでみたいものです!

 

いかがでしたか? 意外と関係ないようで、サンフランシスコと日本酒の結びつきはあったんですね。もしかしたら日本酒は世界と日本を繋ぐ架け橋のような存在になっているのかもしれません!