【8月8日】ボトルがひょうたんの形をした日本酒は実はたくさんあるんです!/ひょうたんの形をしたボトルをご紹介!

本日8月8日は”ひょうたんの日”。数字の「8」がひょうたんの形に似ていることから全日本愛瓢会が制定した記念日なんです。ひょうたんといえば昔話などで、水筒やお酒を入れる道具として使われていますよね。というわけで今回は、実際にひょうたんの形をしたボトルの日本酒をご紹介。実は探してみるとたくさん存在するんです! あの有名な”八海山”にだってひょうたんボトルがあるんですよ。一風変わったボトルで飲む日本酒もさぞかし美味しいんだろうな〜。

 

インスタ映えする?! ボトルがひょうたんの形をした日本酒3選!

ひょうたんってあまり触れる機会がないですよね。私も小学生の頃、学校の庭で作ったようななかったような曖昧な記憶がある程度なのですが、古くからひょうたんは縁起物なんだそう。でもイメージは昔話やアニメなどを観ていると大酒飲みたちがひょうたんに入れた酒をグビグビ飲んでいる様子を想像しちゃいますよね。今回はそんなひょうたんの形をしたボトルの日本酒を3つご紹介! 意外と多く存在しているので、選ぶのに困っちゃう可能性大ですよ!

 

宮城県 平孝酒造 日高見 ( ひたかみ ) 純米大吟醸 弥助 

(出典:楽天

宮城県の平孝酒造で造られる、「日高見 ( ひたかみ ) 純米大吟醸 弥助 」は特A地区産「山田錦」を使用し、山田錦本来の柔らかく奥行きのある味わいが楽しめるお酒になっています。

弥助シリーズの最高峰であるこの「ひょうたんボトル」は弥助のコンセプト通り、素材そのものがもつ繊細な甘みを引き立てるので特に白身魚、甲殻類、イカ、タコ、貝類等をつまみながら飲めたら最高の贅沢になるだろう逸品なんです!

ガラスで造られたボトルが、上品でオシャレな印象を醸し出していますよね。

 

秋田県 鈴木酒造 秀よし 金瓢(ひょうたん酒)

(出典:楽天

秋田県の鈴木酒造で造られる「秀よし 金瓢」はギフトにピッタリなお酒。創業元禄二年(1689年)の老舗酒蔵が造るお酒であってクオリティーは申し分ないものに仕上がっています。

淡麗でのど越しが柔らかな上撰を金箔入りで詰めてあり、お祝い事に贈りたいフォルムで贈った人から必ず喜ばれること間違いなし! 味も飲みやすく、食材の味を引き立ててくれるためどんな料理にも合いますよ。おめでたい仕様なのでお正月などに楽しみたいお酒ですね!

豪華な金箔のひょうたんが逆に新鮮でこれを贈り物にしたら盛り上がるはずです!

 

滋賀県 藤本酒造 神開 吟醸 大津絵 金梨地瓢箪

(出典:Amazon

滋賀県の藤本酒造が造る「神開 吟醸 大津絵」は創始者が当地の神社のご信託を奉じて井戸を掘ったところ、良質の水が沸き出たことから「神開(しんかい)」を酒銘にしたもの。

芳醇な吟香を感じられる神開 吟醸酒を、近江の民画「大津絵」をあしらった瓢箪型の陶器に詰めた一品で容器をそのままお燗にして杯に注ぐこともできるので、酒席を華やかに演出してくれます! 古くから縁起物として尊ばれる「ひょうたん」型の銘酒を長寿祝いのご贈答品として利用も可能ですよ!

ザ・ひょうたんの形をしたボトルが雰囲気を醸し出していますよね。縁起の良いお酒なのでぜひ贈り物として大切な方へ贈ってみてください。

 

縁起物であるひょうたんに美味しい日本酒を入れたボトルは、流行のインスタ映えはもちろん贈り物としても喜ばれるものになっています。機会があれば、皆さんも購入してみてくださいね。私は祖母がもうすぐ誕生日なので贈ってあげようかななんて思っていますよ!