【8月24日】酒をこよなく愛した歌人 若山牧水ってどんな人なのか?

本日8月24日は酒をこよなく愛した歌人・若山牧水の1885年の誕生日にちなんで“愛酒の日”と制定されました。歌人に詳しい方なら一度は聞いたことのあるこの名前。明治から昭和初期にかけて国民歌人として親しまれた有名歌人ですが、誕生日が”愛酒の日”と名付けられるだけあってかなりの酒豪だったんです! 生涯に残した七千首のうち酒を詠ったものが二百首に及ぶようですよ。今回はそんな歌人 若山牧水についてご紹介していきたいと思います!

 

歌人 若山牧水は大酒豪だった!

(出典:宮崎県郷土先覚者

お酒と旅をこよなく愛した若山牧水は、生涯、お酒を1日も欠かさずに呑んでいたといわれ、その量も1升(1800ml)程度といわれています。自宅は酒蔵のようにお酒が山ほど置いてあったようですよ!

旅に出てはその土地の風景を肴にお酒を呑み、旅先で出会った人をつかまえては一緒にお酒を酌み交わし、お酒に関する歌を詠んではお酒を呑む。そんな呑兵衛の理想のような生活を続けていたようです。

43歳という若さでこの世を去ることになるのですが、死因は肝硬変。やはり1日1升のお酒を毎日飲むとなると肝臓はやれてしまいますよね…。「真夏に亡くなったのに死体から腐臭がしなかったので、医師に “生きたままアルコール漬けになったのでは” と思われた」なんていう逸話もあるみたい。

一見、ただの酒飲みじゃないかと思われる方も多いかもしれませんが、牧水は明治から昭和初期の有名な歌人。お酒にまつわる歌を数多くこの世に残しています。中でも有名なこの歌は旨い酒を飲んでいる牧水の姿を容易に想像させます。

「白玉の 歯にしみとほる 秋の夜の 酒はしづかに 飲むべかりけり」

しみじみと、歯にしみいるほどの至極の酒の一滴…。秋の夜に吹く気持ちいい風と相まって、さぞかし美味しいお酒だったであろうことが想像できる歌ですよね。今晩は若山牧水が過ごした至福のときを思い浮かべて、日本酒を飲んでみてはいかがでしょうか?

ただ、飲みすぎには要注意。まあ、牧水のように1日1升飲む人はいないとは思いますが…(笑)。旨いお酒もほどほどに楽しむのが呑兵衛の鉄則ですね!